自らの熱意が本物であれば、富士学院はそれに応えてくれる予備校です。

M・Uさん 国際医療福祉大学医学部医学科2年

メッセージ message

Q:富士学院に入学したきっかけは?
A:1浪目では大手予備校に通っていたものの、自分主体で勉強しなくてはならない環境でなかなか成績が上がらなかったので、手厚いサポートがあり、かつ国公立を目指せる予備校を探していたところ、ネットで富士学院を見つけました。初めて訪れた際に校舎長と面談し、様々な相談にも乗っていただき、校舎の雰囲気もとても良かったのでここしか無いと即座に決めました。

Q:富士ゼミでの1年間はどうでしたか?
A:2浪目ということもありモチベーションの維持が課題でした。また1浪目の時とは比べものにならないくらいプレッシャーも感じていましたが、同じクラスの仲間と切磋琢磨でき、先生にどんな些細なことでも質問するようにしたことで、成績を伸ばすことができました。専用食堂があり、友達と一緒にご飯を食べれたことも良いリフレッシュになりました。受験期はプレッシャーもあり、最後まで不安でしたが、先生やスタッフの方々に何度も相談し、その都度激励していただきました。1年間頑張り続けられたのは、富士学院で学べたからだと確信を持って断言します!

Q:富士学院に入学を検討している方々へのメッセージ
A:医学部受験は、一点の差でも合否が分かれる非常に厳しい試験です。だからこそ、1日1日の地道な努力の積み重ねが大切です。富士学院では、生徒の医学部合格だけでなくその先も見据えてサポートしてくださいます。この環境があったからこそ、高いモチベーションで最後まで勉強でき、念願の医学部合格を果たすことができました。自らの熱意が本物であれば、富士学院はそれに応えてくれる予備校です。共に医師になる夢を叶えましょう。