医学部に合格できたのは富士学院のおかげだと思います。

Y・Y君 北里大学医学部医学科2年

OBが語る富士学院 Q&A

Q:大学生活について教えてください。
最近は医学的内容の授業も増えてきて楽しいです。基本的には授業と実習というサイクルの生活を送っています。授業が終わった後は週に3日間部活をしています。勉強と部活を両立させて、日々楽しい生活を送っていると感じています。

Q:富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
医学部に合格できたのは富士学院のおかげだと思います。浪人している間は自分の成績を客観視することは難しいですが、各科目の先生方がバランスのよい適切な指導をしてくださったおかげで、自分の成績に足りないものを補っていくことができました。

Q:富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
今は何をしなければならないかといった、計画的に勉強する習慣が身に付いたことが今に生きていると感じます。医学部での生活では計画的にバランス良く勉強することが求められることが多いので、その点につながっています。

Q:富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
私自身たいした成績ではなかったですが、医学部に合格することができました。正しい勉強を日々継続すれば必ず合格できると受験勉強を通して実感しました。富士学院で十分な勉強をすればそれは実現可能だと思います。ぜひそれを実現できるように頑張ってほしいです。

Q: 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験を突破するのに必要なのは今の学力ではなく、やる気だと思います。やる気があれば勉強に向き合い、必然的に学力も向上すると思います。もちろん、常に気が張ってると疲れてしまうこともあるので、たまには息抜きをしつつ勉強するのが良いと思います。やる気さえ失わなければなんとかなると思います。