富士学院は自分が諦めかけていた医者になるという夢を現実に近づけてくれました。

T・K君 北里大学医学部医学科3年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
3学年では臨床科目の座学がほとんどです。そのため,今までよりも医学知識が深まってきており,非常に充実した日々を送っています。科目数が多いため,定期試験以外にも2,3週間おきに試験があり,落ち着かないですが,医学以外のことにも時間を割くようにしています。例えば英会話の学習、インカレサークルの活動、バイト、趣味、恋愛などです。人生一度しかないのでさまざまなことを両立させながら楽しく過ごしています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
自分が諦めかけていた医者になるという夢を現実に近づけてくれました。そして、先生方や教務の方々の全力のサポートのおかげで医学部に合格することができました。先生方の非常に良質な授業とテキストにより、勉強内容の理解が深まり、成績が向上しました。また、かけがえのない友達もでき、富士学院は自分の人生の中で大きな位置を占めています。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院で身につけた自分の暗記方法で勉強しています。その勉強方法は時間をおいてから暗記事項を思い出すようにし、思い出せなかったものを調べて復習しています。これは食べているときでもトイレでもどこでも可能であり、なおかつ理解が必要なものも使えるので最強のスキマ時間活用法としておすすめです。また、富士学院で学んだ学習内容も医学の基礎となるので、大学での勉強に生きています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
医学部に合格するかどうかは自分の努力次第だということは忘れないでください。富士学院には良い学習環境や授業が整っていますが、それを生かすには自分の頑張りが必要です。頑張ることができれば、富士学院は素晴らしい予備校だと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験は難しいですが、夢に向かって頑張ってください。勉強すれば、合格と大学入学後の勉強が楽になるかもしれません。