富士学院でやってきた勉強方法が大学でもそのまま使えています。

Y・M君 川崎医科大学4年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
とても楽しいです。卓球部に所属していて、週3回ほど練習があります。学習面は学年で140弱くらいいる中で60番くらいの成績です。9月から対面式の授業が始まりました。1年次は寮に入らなければならないのですが、人それぞれだとは思いますが、自分は嫌でした(笑) 3年次から留年する人が多いらしいので、気を引き締めて学習しています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
伝統・歴史があり、とても信頼できる予備校でした。正直富士学院じゃなければ合格できなかったと思います。学習面・精神面のどちらのサポートも手厚かったです。高校卒業したら、生活面のことなど面と向かって言ってくれる人は中々いないけど、富士学院はそこらへんのサポートもしてくれるので、とても助かりました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院でやってきた勉強方法が大学でもそのまま使えています。医学部はとにかく量が多いです。1科目につき教科書が1000ページくらいあります。それでも僕がテストで点数をとれているのは、富士学院で学んだ、要点のまとめ方であったり、様々な処理の仕方を今も実践できているからだと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
本気で医学部に受かりたいと思うのであれば、富士学院がいいです。様々な面でサポートしてくれますし、僕は精神的に脆い面があったので、先生方が常に叱咤激励してくれました。学習面だけでなく、社会的なことや、常識なんかも教えてくれるので、人としても大きく成長できると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
当たり前ですが、浪人してるより大学に入ってからの方が数倍楽しいので、頑張って勉強してください。富士卒業生はとてもつながりが強いので、学年関係なく良く面倒見てくださいます。どこの大学に入っても富士卒業生はいると思うので、先輩たちを大いに頼ってください!!