富士学院は医学部受験のいろはを非常に徹底しています。

H・F君 川崎医科大学1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
今年は新型コロナ感染対策のためにイレギュラーな始まり方でしたが、学業、部活、生活様式によく馴染んできました。一年のうちから医学内容を多く学べるため、日々医師への道が開けていっている感覚があります。また同級生、先輩、教員たちとの距離も近く、そう言った意味では富士学院に近い要素があると思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
受験という大きな壁に対して、不安や恐れを抱く自分に常に寄り添ってもらったと思います。学業面はもちろん、精神面でも大きなサポートをしてもらいました。また、予備校と聞くと少々気が重いイメージがありますが、富士学院はとても和やかな雰囲気があり毎日過ごしやすかったです。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
教えを享受する際の姿勢です。受験勉強においては、一つの問いに対してどういった着眼点で見るか、どの要素に疑問を持つか、またその関連する知識は何なのか等、好奇の目をもって自分から探っていくことが重要だと意識していました。大学での学びでも同様です。教員の話すことを自分なりに広げて、上手く吸収していこうという意識で日々取り組んでいます。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院の先生方は生徒それぞれの良さを引き伸ばし、不足していることも的確に指導してくださります。私自身、度々相談させてもらいました。また富士学院は医学部受験のいろはを非常に徹底しています。受験の際、その情報の質、量の充実さが非常に大きな武器になると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学は奥が深く、魅力たっぷりです。日々段階踏んでいけば昨日よりも確実に賢い自分になれます。また何よりコミュニティが増えることで大学生活が楽しく充実していきます。皆さんが近い将来への希望を溢れさせて、精進していければ何よりです。共に立派な医療人を目指しましょう。