富士学院は本当に勉強面でも生活面でも良い予備校だったと思います。

M・Sさん 関西医科大学3年

OBから見た富士学院 Q&A

Q:大学生活について教えてください。
一昨年からのコロナ禍で去年はほとんどがオンライン授業になり、今年も対面授業とオンライン授業をクラスの人数を半分に分けながら交互に授業が行われていました。人との会話にも制限があり、部活もなかなか始められずにさみしい思いをしていたんですが、10月の中旬から私たちの学年は全員対面授業になりました。やっと先週から部活も始まり、いろいろな人とも話をすることができるようになったので楽しく大学生活を送れています。

Q:富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院に入った当初は自分で勉強する習慣が全くなく、数時間机に座ってきちんと勉強することすらできませんでした。週テストの結果等を始め、先生方や教務の方々から声をかけていただき、まず自分の勉強するペースをつくる事ができました。始めはなかなか成績が伸びずに挫けそうになる事が多かったのですが、ライバルを自分で見つけ、いい意味で切磋琢磨し成績を上げることができました。正直、その状態を受験まで持って行くことに苦労をしましたが、嫌な気分にならず受験を迎える事ができたのは教務の方々、先生方の手厚いサポートのお陰だと思っています。その時点でできた友達は大学が違う現在も連絡を取り合っていますし、富士学院での時間はとても良かったと思います。

Q:富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
前述の通り、自分から勉強するという習慣が全くなかった自分ですが、勉強を自分で計画し実行に移すという習慣付けを富士学院で養われましたので、そのお陰で今順調に進級できています。この調子でしっかり勉強し、卒業したいと思います。

Q:富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
私は親元を離れて富士学院に通っていましたが、家族に会いたい等といった寂しい思いをする事は全く無く過ごすことができました。それは、教務の方々や先生方がたくさんお話をしてくださったり、手厚いサポートをいただけたり、また友達と仲良くなれたからだと思います。なので、予備校ではありますが私にとっては高校(学校)の延長のようなとても楽しい空間でした。そして、勉強面でもとても手厚いサポートを受けることができ、当時数学がとても苦手でしたが先生方が連携を取って下さったお陰で他教科の成績を落とすことなく、全教科が均等に伸びて合格する事ができたので、富士学院は本当に勉強面でも生活面でも良い予備校だったと思います。

Q: 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
自分にしっかりと自信を持って夢を見失わない事が受験において大事だったと思います。自分の夢がしっかりとあったので、私自身、時々勉強が嫌になることがあっても継続することができましたし、一つ一つのテストをクリアしていくことで自信にも繋がりました。ですので、大きな目標を自分でつくり、それに向かって頑張る事が大事だと思います。自分を信じる事も大事ですが、先生方や教務の方、周りの人達を信じて自分と向き合うことが何より大事だと思っています。