どの校舎であっても先生と職員の方たちは生徒第一で受験へのサポートを全力でしてくれることは同じだと思います。

R・Kさん 金沢医科大学1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
金沢医科大学は、進級が優しい大学で再試験や最終試験の前には補講や練習問題などで支援してくれます。先輩や同級生の人たちも優しくお互いにたすけあっています。先生たちも親切で質問などにも行きやすい環境です。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
大阪校は私の時が1年目だったので、前に在籍していた人たちがいなかったため、私たちの色がそのままでていたように感じます。先生たちもはじめての校舎で大変そうでしたが、その中でもしっかり授業していただきました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学園で学んだ勉強に関してはだいたいが今に生きています。医学部の1年生は教養の授業があるので、生物も物理も化学も必要です。また、統計の授業では数学の知識を使うこともあります。さらに、どこの大学でも英語の授業は必ずあり、医学英語で苦労する分文法などに余裕があるとテスト前に余裕ができます。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
どの校舎も生徒や先生、職員の人たちが次第で雰囲気は様々だと思います。しかし、どの校舎であっても先生と職員の方たちは生徒第一で受験へのサポートを全力でしてくれることは同じだと思います。その環境で万全を尽くして下さい。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部は年々難しさが増し、私が受験した年よりまた、さらに、難化しているのだろうと思います。実際に医学部は浪人生が多い学部です。だからと言って現役生がいないわけでもなく、また、多浪生がいないわけでもありません。そのため、自分に自信をもってありのまま試験に挑んでください。