OBとなった今でも近況報告しに遊びに行くくらいアットホームな予備校です。

H・N君 金沢医科大学3年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
学年によって努力加減はさまざまですが、授業と試験と気分転換のサイクルの繰り返しです。学生生活にはストレスはなく、自分の時間も確保できる時もあるので充実しています。勉強できる場所も大学には多く、気分によって場所を選んで学習することができます。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
学生のと距離が近く、なんでも相談を聞いてくれるような予備校でした。勉強はもちろん、生活面や精神面でのサポートも充実していました。浪人しているとそういった面で悩むこともあるので助かりました。OBとなった今でも近況報告しに遊びに行くくらいアットホームな予備校です。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
僕が学んだことは助け合いに近いコミュニケーションだと思います。勉強を教えあったりする場面や受験時期になれば支え合ったりする場面など、学生間でのコミニュケーションは大学生になった今でも生きていることだと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は大学合格通知以外にもこれからの学院と生徒の繋がりも得ることができます。大学に入れば他の富士学院生との関わりもできます。これは6年間の学生生活において支えになります。一度足を運んで富士学院の空気に触れてみてください。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
あれこれ試行錯誤して苦労してその結果合格を掴む人が医師になるのに適していると思います。パブロフの犬のような事をこなすだけの人はいつか限界が来ると思います。物事に理由を追求して思考を練って行動できるような人になってください。