医学部受験に本気なっている人を本気で応援してくれる予備校でした。

A・K君 金沢医科大学6年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
今は国家試験に向けて勉強を続けています。コロナ渦のため、実習はオンラインでやることにはなりましたが、その分国試の演習に集中出来ているかなと考えています。後輩たちから話を聞くと、授業がzoomになったり実習が変更になったりと変化が多い1年だと思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
医学部受験に本気になっている人を本気で応援してくれる予備校でした。先生方には受験にとって必要な勉強を教えていただくことができ、教務の方には、精神面や面接で大変お世話になりました。また同期も全員医者を目指す仲間として切磋琢磨できる環境だったと考えています。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
復習と生活習慣だと思います。復習することの大切さは医学部受験と変わらず、医学部の勉強としても重要です。医師国家試験を目指す上で、知識は膨大であり復習の癖をつけることができたのは大きいと考えています。また予備校時代、朝から通う癖をつけたことで朝に強くなれたのも大きいと考えています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
先述した通り、富士学院の先生や教務の方は、本気で医学部に合格したいと考えている人を全力で応援してくれます。本気で医学部を考えているならぜひ1度来院してみてください。絶対に後悔しない1年となると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
このコロナにより、医療者に対する期待はより高まっていると考えています。この厳しい世の中ではありますが、人を救うことの出来る素晴らしい職業であると私は考えています。医学部受験は大変だと思いますがぜひみなさんも医師になりましょう!応援しております。