富士学院の強みは、医学部受験のプロの先生方が、生徒一人ひとりのニーズに合わせた指導を徹底してくださるところだと思います。

S・O君 鹿児島大学医学部医学科6年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
大学生活は、講義やテスト、実習などを通して医学について勉強しています。また、アルバイトをしたり、旅行にいったりと勉強以外のイベントも多いです。中でも、私は部活に没頭しており、同級生との横のつながりだけではなく、先輩や後輩との縦のつながりも増え、とても充実しています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院の先生方は、とても熱く丁寧な指導してくださるのはもちろん、勉強面だけではなく、悩んでいることや不安に思っていることの相談にも真摯に対応してくださる先生ばかりでした。自分の講義を担当してくださっていた先生だけではなく、その他の先生方や事務の方々など、富士学院鹿児島校全体で医学部受験をバックアップしていただきました。富士学院は私にとって、勉強面以外も含めて、落ち着いて医学部受験に向き合うために最適な環境が整っている予備校でした。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
私は富士学院で一年間の浪人期間を過ごしました。浪人期間は焦りや不安も多く、先生や教室長の方に相談することも多かったのですが、落ち着いて一つ一つ取り組むように心がけることを常にアドバイスしていただきました。このことは大学受験後も心がけるようにしています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院の強みは、医学部受験のプロの先生方が、生徒一人一人のニーズに合わせた指導を徹底してくださるところだと思います。また、医学部受験には地域枠があったり、面接試験があったりと、他の学部に比べて独特な点が多いと思います。そのような点に関しても、しっかりとした指導やアドバイスをしていただけることも、医学部受験に特化した富士学院ならではだと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験は、ライバルが多いことに加えて、対策すべきポイントも多く、なんとなくの対策ではなかなか超えられない試験だと思います。だからこそ、富士学院の先生方に医学部受験のプロの視点からたくさんアドバイスをもらって、弱点を減らして、抜けのないようにすることが合格への近道になると思います。頑張ってください!