医学部受験をする上で必要な情報や、同じ目標を持つ仲間と勉強する環境が、富士学院にはあります。

M・Hさん 鹿児島大学医学部医学科1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
入学してすぐの頃は、新型コロナウイルスが最も猛威を振るっており、学校に行くこともままならない状況でした。しかし次第に遠隔授業に加えて対面授業が行われ、サークル活動も行うことが出来るようになったので、最近は楽しい大学生活を送っています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
医学部専門の予備校という点で、自分を奮い立たせてくれる場所でした。他の学部より強い意志、高い意識を持たなければいけない医学部受験をする上で、周りで頑張っている人は皆同じ医学部合格という目標に向かっているという環境は、モチベーションの維持にありがたかったです。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院では、面接の練習を熱心にして下さいました。「面接ノート」を作っていく過程で、自分はどうして医師になりたいのか、医師としてどのように働いていきたいのか、などを考え、自分を見つめ直す機会ができました。それは現在にも役立っています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
医学部受験をする上で必要な情報や、同じ目標を持つ仲間と勉強する環境が、富士学院にはあります。また、学習面でアドバイスしてくださる先生方や、見守り、励ましてくれる教務の方がいらっしゃいます。駅の近くにあるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験勉強をしていると、いくら頑張っても結果がついてこないこともあると思います。それでも、問題を解いて自分に何が足りていないのか知り、復習をしてそれを埋めていくしかありません。その地道な積み重ねで必ず結果は出てきます。身体に気をつけて、頑張って下さい!