僕が諦めずに頑張れたのは富士学院の先生方、教務の方々が常に支えてくれたからです。

Y・M君 兵庫医科大学1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
一つ一つの授業において、今までより覚える量が多い上に難易度が高いです。しかし、兵庫医科大学は自習できるスペースが複数あり、テスト前になると友達とみんなで教えあったりしながら勉強できます。放課後は大阪の梅田に行って夜ご飯をみんなで食べたり、時にはユニバに行って遊ぶ人もいます。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
少人数のクラスということもあり、先生が生徒一人ひとりの学習状況を見ながら授業を進めてくれるので授業が受けやすかったです。また、質問に行くと理解できるまで何度も丁寧に教えてもらえるので、安心して積極的に質問に行きやすく、全体的に非常に学習に取り組みやすい予備校でした。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
その日の授業で学んだことはその日のうちに復習して理解することの大切さは今でも非常に大切にしています。大学の授業は今までと異なり、授業速度も上がり、難易度も高いため、授業だけで理解するには限界があります。なので、その日の授業の内容はその日のうちに理解するように努力することは非常に今に生きています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は生徒一人ひとりを非常によく見ていてサポートしてくれます。勉強の仕方がわからなければ先生に聞けばアドバイスを沢山くれます。また、授業だけでなく私生活についての相談にも乗ってくれるので、安心して受験勉強に取り組むことが出来ます。僕は3年間富士学院でお世話になりました。僕が諦めずに頑張れたのは富士学院の先生方、教務の方々が常に支えてくれたからです。安心して受験勉強に取り組みたいのなら富士学院をオススメします。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験は非常に大変です。自分では頑張っているつもりでもテストの成績が上がらず悩む時期が必ず来ると思います。受験を乗り越えるにおいて大事なことの一つには「自分のメンタルをしっかり保つこと」が大切です。一つ一つのテストの結果に一喜一憂していても仕方ありません。結果を気にするのではなく、何故できなかったのか、どこを間違えたのかを把握し、克服することが大切です。目の前のことに一喜一憂せず、自分の出来ることを一つ一つ増やしていくことが医学部合格につながると思います。