自分は8月からの後期ゼミ生として入学しましたが、1ヶ月ほど経って成績が伸び出した時、富士学院に来て正解だったなと思いました。

Y・T君 福岡大学医学部医学科4年

メッセージ message

現在福岡大学医学部でソフトテニス部に入り、先輩方に色々と教えてもらっているお陰でどんどん上達しているのが実感でき、スポーツ面ではとても充実しています。勉強の方も目指していた医学部に入れた事でモチベーションが維持されていて、楽しみながら勉強できています。

【富士学院の日々を振り返って】
富士学院では勉強する環境がとても整っていました。特に自分にとって大きかったのが生活のリズムを作りやすかった事です。毎朝の小テスト的な「新聞書写」のおかげで朝のリズムを作れました。その生活習慣の改善が勉強へのモチベーション維持にも繋がったと思います。また先生との距離が非常に近いのが良かったです。他の予備校では生徒数も多く、質問したくても先生の時間が取れないといったこともありますが、富士学院では下に降りて行けば先生がいてくださって、質問したい時に質問ができました。また少人数制なので、一人一人の面倒をよく見てくれるというか、それぞれに合うやり方で接してくれる環境がとても大きかったです。自分は8月からの後期ゼミ生として入学しましたが、1ヶ月ほど経って成績が伸び出した時、富士学院に来て正解だったなと思いました。 これから医学部を目指すのであれば専門予備校に行くべきだと思いますし、専門予備校であれば医学部に行く方法を知っている先生方(スペシャリスト)が揃っている所を選ぶべきです。大手予備校に流れるケースが多いのかもしれませんが、本当に医学部に行きたいのであれば富士学院がいいと思います。

医学部は入学がゴールではなく、その後6年間プラス、研修医2年間あるので、それを乗り越えてやっと医者になれます。将来私は治療を施すだけの医者にはならず、患者さんの気持ちを考えれる(100%全ての気持ちを察することは難しいと思うけど)、且つ、ミス無く治療の出来る医者になりたいです。