大手予備校ではしにくい、自分のペースで勉強できることが富士学院の大きな魅力だと思います。

T・T君 福岡大学医学部医学科4年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
福岡大学は総合大学で、学部の学生と知り合いになろうと思えば知り合いになれるというメリットがあり、そのおかげで、他学部にも知り合いがたくさんいるので、いろいろな話を聞けて楽しいです。また、IFMSA-Japanという医療系学生団体にも所属しているため、全国の医療系の大学とも繋がりを持つことができ、大学生活充実しています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
私にとって富士学院とは、「自分のペースで勉強できる」ところでした。大手予備校では基本的には予備校ペースで授業が進んでいき、そのペースについていかないと追いつけません。それに比べ、富士学院は通年授業はあるものの、先生との距離が近く質問しやすい環境のため、自分のペースを守りながら勉強することができました。自分のペースを保つということは医学部に入っても大切なことなので、そのことに気づけた富士学院には感謝しております。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院はOBOG会を開いてくれるので、大学に入ってから、どんな人が周りにいるのか知ることができ、またそこで上下の繋がりを作ることもできたのでよかったです。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
大学受験では周りを気にするあまり、自分のペースを壊して勉強して、結局その日やったことが頭に入ってこなかったという事態になることもしばしばあります。それに比べ、大手予備校ではしにくい、自分のペースで勉強できることが大きな魅力だと思います。また先生との距離が近いため、必要な時に必要なサポートを受けやすいのも大きな魅力のうちの1つです。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験や浪人は辛いとは思いますが、第一関門である受験に突破さえすれば、自分のやりたいことをしやすくなります。今の辛い時期は勉強して必死に乗り越えさえしたら先は明るいので是非頑張ってください。また、今なぜ医学部に行こうとしているのか考えるいい時期だと思いますので、この時期に考えたことを持ち続けて受験、そして大学の授業へとつないでください。