富士学院はアットホームでみんな仲良くかつ切磋琢磨できるライバルという関係が築き上げられています。

M・Yさん 福岡大学医学部医学科4年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
大学受験の頃は、医学部は勉強に追われてとてもハードというイメージを持っていました。しかし入学してみると、授業に出席する、テスト前はきちんと勉強するということさえ守れば、それ以外の時間はたくさん遊べるし旅行にも行ける、部活も趣味も堪能でき、とても楽しい医学部生活を送れています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
とても居心地が良く、塾ではなく第二の家という感覚で通っていました。毎日来院しなさいと縛られなくても自然と行きたくなる、そんな予備校でした。そう思えたのも、富士学院の先生方が勉強のことはもちろん、他愛もない話もたくさんしてくださって接しやすい関係を築いてくださったからだと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
何かで悩んだときや行き詰まったときは誰かに相談するということは富士学院で受験期を過ごしたからこそ身についたことだと思います。どんな相談にも乗ってくださる先生方やチューターの先輩方がたくさんいて、悩みや辛いことがあるときはよく話を聞いてもらっていました。大学に入ってから、不安や悩みを友達と共有できたり教授に気軽に相談できることで抱え込まずに勉強を乗り切れていると思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
医学部専門予備校と聞くと少し堅苦しい、みんなガリ勉という印象があるかもしれませんが、富士学院はアットホームでみんな仲良くかつ切磋琢磨できるライバルという関係が築き上げられています。富士学院の雰囲気を自分なりに生かすことでストレスなく充実した受験生活を送れると思います!

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験勉強は先が見えなくて辛くなる時もあると思います。しかし、それを乗り越えれば楽しい大学生活が待っています!目の前のことだけをみるのではなく、少し先の未来を想像してモチベーションを高めて頑張ってください!