食事面のサポートも万全で100%勉強に打ち込める環境でした。

K・B君 福岡大学医学部医学科3年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
テストが多く、テストが近くなると浪人生並みに忙しくなりますが、それ以外の時間は部活に精を出したり、自分の趣味の時間が持てたりと自由に過ごせます。友人がいれば、いろんな趣味を共有できますし、頼りになる先輩や慕ってくれる後輩とも関わっていけます。人のつながりを大切にすることが一番だと思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
やりたいことができた予備校だったと思います。寮に入っていましたが、予備校と併設しており、食事面のサポートも万全で100%勉強に打ち込める環境でした。授業をしっかりと受けつつ、専用の自習室がストレスなく使えたこともありがたかったです。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
自主的に考えて勉強することだと思います。自分の頭で何が必要か考え、計画を立て、実行に移すことは予備校の時も今も同じです。その上でどのようにして予備校を活用すればいいかを考えることが大事だったと思います。必要な指導やアドバイスは真摯に受け、能動的に授業を受けることが大切です。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
人数が少ない分、一人にかけてもらえる時間を確保していただけたのは大きかったです。また、富士学院では特に生活面でのサポートが素晴らしかったと思います。一人で浪人生活を送ることは困難なことですし、勉強に困っている人が大手の予備校でやっていくのも難しいことがあるかもしれません。そのような方にはぴったりな予備校だと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
浪人時の勉強から医学部に入った後の勉強のことを考えておくのは大切だと思います。ただ受動的に何も考えず授業を受けていても何度も失敗することになってしまいますし、仮に合格しても助けがないと勉強できない体になってしまいます。大切なのは予備校を利用するという考え方です。目的意識を持ち自主的に勉強していけば、自分に足りないことが見えてきますし、そこをサポートしてほしいから予備校を頼るという考え方になると思います。その上で、指導は真摯に受け、独りよがりにならないことも大切です。そのような姿勢でいれば、合格した後も医学部の勉強についていけると思います。頑張ってください。