生徒の悩みや不安などに対して、いち早く気づき、対応してくれるので、不安なく学習に打ち込むことが出来きました

Y・Sさん 藤田保健衛生大学3年

メッセージ message

1年生の前期は、健康科学などの専門分野の授業もありますが、ほとんどが一般教養です。僕は、物理選択者だったので、初めて学習する生物にはかなり苦戦しましたが、必死に勉強したおかげで、テストまでにはなんとか覚えきることが出来ました。後期は、組織・発生や解剖学について勉強しています。特に解剖学に関しては覚えないといけない知識が非常に多く、また、名称だけでなく、骨の形なども覚え、書けないといけません。今は解剖学中心に勉強しています。
藤田保健衛生大学は、毎日朝の8:40から夕方の17:10ほぼ毎日授業があります。部活は、ラグビー部に所属しているので、授業が終わった後は、もっぱら部活に精を出しています。冬の時期には部活がオフになるので、今は自主トレと、解剖の試験勉強が趣味になっています。

富士学院では授業が少人数制なので細かいところまで質問することができ、知識の穴が出来にくかったと思います。また、予備校には珍しく週に1度「体育」の授業もあり、体育の時間を通して、ライバルと呼べる仲間もたくさんでき、最後までよい競争心を持って学習し続けることが出来ました。また、生徒の悩みや不安などに対して、いち早く気づき、対応してくれるので、不安なく学習に打ち込むことが出来きました。