富士学院では、勉強面はもちろんのこと、生活面まで面倒を見てくれると思います。

K・T君 藤田医科大学5年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
今は病院実習をさせていただいています。部活は、ラグビー部に所属しており、週に3日参加しています。「これから医師になるんだな」という実感がようやく湧いてきたところです。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
御茶ノ水校の一期生ということもあり先生や教務の方々にとても面倒を見ていただきました。さらに、少人数クラス制ということもあり、自然と先生や教務の方々との距離が近かったと記憶しています。学校であり、第2の家でもある、そんな予備校だったと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院では、オンオフの切り替え方を学びました。週に1回あるリフレッシュタイムをうまく使って、勉強するときはする、遊ぶ時は思い切り遊ぶことで、集中して勉強できました。実際に今もそのことが、特に試験前は活きていると思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院では、勉強面はもちろんのこと、生活面まで面倒を見てくれると思います。大手予備校のような1クラスに何十人もいるクラスでは、どうしても受け身になってしまうような人におすすめです。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医師になる上で、医学部合格がゴールではありません。医学部に入学した後、また医師になってからも勉強し続けていかなくてはなりません。自分が「本当に医師になりたい」という確固たる意志をもう一度思い出して、応援してくださる親御さんを想いながら勉強に励んでください。そうすれば、自ずと医学部合格の道は開かれていくと思います。ぜひ、頑張ってください。