富士学院の魅力は、勉強だけでなく生活面や精神面を本当に支えてもらえることだと思います。

A・Tさん 藤田医科大学6年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
医学部では履修登録がなく、基本的に毎日授業を受けます。4年生からポリクリが始まり、座学よりも充実しているように感じます。ポリクリでは、実際に外来やオペまで診療を参加型で学ぶことができ、患者さんを通して勉強できる責任感とともに、目指したい医師像がよりはっきりしてきているなと感じる毎日です。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
勉強はもちろんですが、精神的に本当にずっと支えてもらっていたと思います。教務の方や校舎長、科目の先生方が皆さん親身になって相談に乗ってくださって、勉強しやすい環境を整えてくださるのが本当にありがたかったです。卒後もお世話になっています。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
勉強面では、目標を決めて継続することです。医学部は試験が多く留年も多いので、勉強は大事です。あとは、面接対策や普段の生活でたくさんいろいろなお話をする中で、人間としてしっかりしている医師になりたいという気持ちを持つことができたことは、今も生きていると思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院の魅力は、勉強だけでなく生活面や精神面を本当に支えてもらえることだと思います。もちろん勉強もしっかりと自分に合ったアドバイスを丁寧にしていただけます。皆さん頼れる方々ばかりなので、富士学院はとてもおすすめです。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験はハイレベルな競争なので、精神面でも勉強面でも大変なことがたくさんあると思いますが、私は終わってみると、「健康第一で無理せず継続することがいちばん効率よく大事かな」と思いました。私もまだ学生で、えらそうなことは言えませんが、お勉強一緒に頑張りましょう!

メッセージ message

私が富士学院を知ったきっかけは新聞広告でした。朝、家を出て夜帰るまで、富士学院にいる時間は楽しいものでした。友人と色々な話をしたり、一緒に食事をしたりできるのが私にとっては良い刺激となり、気分転換にもなっていました。模試などで思うように点数が取れないことが何度もありましたが、解ける問題や理解できた内容が現役のときよりも増えていることを日々の受験勉強の中で確かに実感していました。また、私の思いを理解し応援してくれる人がいつも誰かいたことは本当に大きかったと思います。

浪人生活を送る中で、色々なストレスや悩みがあってもう辞めてしまおうかと思うことがあるかもしれません。理解度の上昇と知識の定着は、テストの結果よりも先生方や自分が一番分かっていると思います。目標を常に持って勉強していれば結果はついてくるはずだと信じてみて下さい。