とにかく面倒見のいい予備校です。特に自分が驚いたのが、わからないところを質問する環境がどこよりも整っていることです。

Y・W君 愛知医科大学4年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
1年生の初めから解剖学が始まり、早い段階でのレベルアップを求められました。2年生で基礎医学を学び、3年生で臨床医学を学びます。現在はstudentdoctorとして、病院内で患者さんから多くのことを勉強させてもらっています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
まさに最後の砦でした。僕の場合、直前の1ヶ月までは他の塾で受験勉強をしていました。そこで蓄えた知識を元に、具体的な対策の方針を明確にくださったのが富士学院です。特に藁をも掴む思いだった直前期、どんな質問にも答えていただき、面接対策も自分が自信をもって臨めるようになるまで何度も実施して下さいました。最後の最後まで側についていてくださる、本当に素晴らしい予備校だと感じています。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
最後まで諦めない姿勢を学びました。医学部の試験は覚えることがとにかく膨大です。どんなに難しい試験でも途中で挫折するのではなく、直前まで自分の頭に知識を詰め込む。四年生までスムーズに進級できたのは、富士学院で培ったものが大きいと感じています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
とにかく面倒見のいい予備校です。特に自分が驚いたのが、わからないところを質問する環境がどこよりも整っていることです。アットホームな雰囲気で、遠慮がちにならずに質問できました。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部に入って4年目。試験漬けの日々でふと、自分はなぜ医者になりたかったのかわからなくなることがあります。そんなとき、決まって思い出すのが、「絶対に受かってやる」と必死だった受験直前です。医学部を目指す強い気持ち・努力は、将来必ず自分の糧となります。全力を尽くして頑張って下さい!