富士学院は受験勉強のサポートが充実しているので、医学部に合格したいという意思があればそれに応えてくれる環境があると思います。

T・Y君 愛知医科大学6年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
大学生活は試験や実習で忙しい時期が多いですが、部活や、人によってはボランティア活動への参加で生活を充実させている人もいます。試験は大変ですが、日ごろの勉強と友人や先輩との協力があれば突破は不可能ではないと思います。また、高校時代や浪人時代と比べてできることが増えるので、自分なりの方法で大学生活を充実させることができると思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院は勉強に関する質問が気軽にできるだけでなく、勉強に関する不安や悩みを講師やスタッフに気軽に相談することができることができる環境が整っている部分が魅力だと思います。自分の受験に対する不安な感情を軽減して勉強することができたと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
勉強を進めるうえで困ったことがあったら他の人に相談をしてみるという思考が身についたことが最も生きていると思います。大学生活では勉強やその他の事でも困ったことは身近な人に相談するということがとても重要で効果的なことだと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は受験勉強のサポートが充実しているので、医学部に合格したいという意思があればそれに応えてくれる環境があると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験勉強は継続して続けなければならないので、精神的につらくなってしまうことがあるかもしれません。それを抱え込んでしまうと勉強に支障をきたすかもしれないので、早めに解決する手段を見つけることをお勧めします。本番はこれまでの勉強で身に着けた自分の力を信じるしかありません。勉強が継続できればおのずと自身がついてくると思うので、自分を信じて頑張ってください。