富士学院のカリキュラムは基本を大切にし、先生が常に生徒を気にかけて授業をしてくれました

K・Oさん 愛知医科大学3年

メッセージ message

愛知医科大学は、1限開始の8時50分から6限終了の17時20分まで、平日は毎日授業があります。私は、バドミントン部に入部しているので、授業後から19時30分までは部活に励んでいます。まだ1年生なので、部活が終わった後は、部員たちと大好きなバドミントンの自主練を頑張っています。

大学の授業としては、一般教養科目と専門科目があり、一般教養科目に関しては、理科や英語・数学などの高校の科目の延長上のようなものを学習しています。内容は多少難しくなりますが、医学部に合格できる学力があれば余裕だと思います。それに加えて、化学実験と物理実験もあり、これは高校の内容を実際に実験してみよう!というものです。
専門科目に関しては、解剖学や基礎感染症学などがあり、計測が細かく非常に面倒な内容が出てきたり、解剖に関しては人体について学んでいきます。解剖学に関しては、覚える量が非常に多く大変です。ただ、大変ながらも非常に充実した毎日です。皆さんの合格を応援しています。

富士学院の授業は、先生と生徒との距離がとても近く、先生が常に生徒を気にかけて授業をしてもらえるので、自分からカリキュラムに合わせる必要がありません。そのカリキュラムも、医学部合格を見据えた内容になっていますが、基本を大切にする授業となっています。また、医学部合格のために必要な環境が全て揃っています。