頑張る気持ちさえあれば、皆さんに必要な物を富士学院がきっと与えてくれます。

若松万葉 先生 鹿児島大学病院

  • 出身大学鹿児島大学医学部医学科
  • 出身高校鹿児島純心女子高校

OBが語る富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
鹿児島大学病院を中心として、様々な病院・診療科で勉強中です。新しい学びや驚きにあふれた新鮮な日々を過ごしています。忙しい毎日ですが、同期や先輩からの刺激がモチベーションupになっています。何科の専門医になるか悩み中です。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
違う学校、違う学年、違う目標をもつ様々な人に出会える場所でした。私立中高一貫校という閉鎖的な場所では知ることのできなかった世界を知り、相談しあえる良い仲間を得ることができました。熱心にご指導くださった先生方も、知識面だけでなく精神面でもサポートしてくださいました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
新しい環境に飛び込む勇気が大切だと思います。私は高校3年生で富士学院に通い始めましたが、知らない人や場所にストレスを感じたこともありました。しかし今では、それを乗り越えたからこそ得られた貴重な経験だったと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院には皆さんの成長をサポートすべくご指導してくださる熱い先生方がいらっしゃいます。「ついていけば間違いない」も真ですが、ここは敢えて「自分次第」と言わせてください。頑張る気持ちさえあれば、皆さんに必要な物を富士学院がきっと与えてくれます。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
将来の進路を決めるということは難しいことです。人生の様々な場面で選択を迫られますが、100%明確な気持ちで選択するということはそうそう有りません。みんな迷いながら選択しています。これをやりたい!という気持ちを大切に突き進んで行ってください。