富士学院は他の予備校では無いような一体感というか、仲間意識というか、そういうものがあるので遠慮なく先生達にも質問し、自分が分かるまでぶつかってください。

田原慎太郎 先生 福岡県済生会 二日市病院 整形外科

  • 出身大学久留米大学医学部医学科
  • 出身高校弘学館高校

メッセージ message

僕は3浪の時に富士学院に入学しました。当初はこれまで3回も受験に失敗していたこともあり、この1年で決める覚悟で勉強しようと決めていました。数学が得意で、国語が苦手だったので苦手科目を克服して、得意科目を伸ばせたらいいなと思っていました。

富士学院の講師の方々は他の予備校と比較的しても質問しやすかったです。
アットホームな感じで質問したり、勉強できたため、僕にとってはとてもやりやすい環境でした。わからないことがあればとことん分かるまで食らいついていました。また職員の方々はいつも明るく、体調も気にかけてくれて、とても助かりました。
富士学院の少人数制のスタイルは、もともと大手予備校で学習していたせいもあって、新鮮で自分にはとても合っていると思いました。授業中もわからないところがあればその場で中断し、分かるまでみんなと話し合うようなスタイルだったので、分からないまま授業が進むということはなかったです。その分、授業中は横道に逸れたりもしましたが笑
医学部に合格した1校目は第一志望ではなかったですけど、小さくガッツポーズをした事を覚えています。印象に残った事はやっぱり志望大学に合格した事ですね。

富士学院は他の予備校では無いような一体感というか、仲間意識というか、そういうものがあるので遠慮なく先生達にも質問し、自分が分かるまでぶつかってください。分からないことをそのままにしてたらそれがどんどん積み重なって、後半になってくるとなにが分からないのかが分からなくなってきます。
富士学院の先生達は納得いくまで付き合ってくれるので、恥ずかしがらずになんでも質問してください。そして、翌年には医学部に合格できるように頑張ってください。