医学部受験はとても厳しく困難なものではありますが、富士学院で指導を受けることは大きなアドバンテージになると思います。

多田悠馬 先生 川崎医科大学附属病院

  • 出身大学川崎医科大学
  • 出身高校岡山高校

OBが語る富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
研修医として様々な診療科をローテーションしながら、各種疾患の初期対応や基本的な手技について主に学んでいます。指導してくださる上級医の先生に連絡・相談した上で、まずは自分で率先して対応するようにして実際の症例を通して日々学んでいくようにしています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
少人数制の指導なため講師の先生への質問もしやすく大変勉強しやすい環境だったと思います。面談等で各科目ごとに自分の弱点を定期的にフィードバックすることができたため、これから何を重点的に学習しなければならないかを把握することができました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
数学の講師の先生が仰っていた「応用とは基本を状況に応じて用いること」という言葉を今でも大切にしています。医療現場では教科書通りの症例ばかりではなく非典型的な例も数多くあります。そういった場合でも、まずは基本的な考え方や方法を用いてアプローチすることを心がけています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
一人一人の生徒に応じたきめ細かな指導を受けることができます。各科目の先生方がチームとして連携することで、全ての受験科目をバランスよく伸ばすことができます。また、医学部合格を目指す仲間達と辛い時も励まし合い切磋琢磨できる環境にあることも富士学院の強みかと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験はとても厳しく困難なものではありますが、富士学院で指導を受けることは大きなアドバンテージになると思います。皆さんと医師として働ける日を心から楽しみにしています!講師の先生方からの指導に従いつつ、自分でも試行錯誤していけば道は開けてくると思います!応援しています!