富士学院は「分からないところが分からない」状態であっても、最後まで見捨てずに後押ししてくれる学び舎です。

岡 龍彦 医師 大牟田市立病院(眼科)

  • 出身大学愛知医科大学
  • 出身高校東明館高校

OBが語る富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
現在市中の総合病院にて眼科医長代理として頑張っております。学生の頃はなかなか馴染みの無い診療科でしたが、一つの疾患を最初から最後まで診ることができる反面、検査や手技の数が多くひとりでこなす量も多いため毎日大忙しの日々です。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
高校卒業後、恥ずかしながら大手予備校で4浪したあと最後の勝負と決心して選びました。受験合格のために自分自身に何が足りないのかが正直分かっていなかった自分としては、自分を生活スタイルからフォローしてくれて、自分でもなく親でもない第三者の客観的な視点でアドバイスを頂ける非常に恵まれた環境でした。周りも自分と同じ医歯薬獣医系志望の仲間のため、目標がブレることなく頑張ることができたのも大きかったと思います。ライバルというよりクラスメイトのような雰囲気のなか、皆で合格を勝ち取るために勉強できたのは今となってはいい思い出です。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
出身大学が遠いこともあり、今でも集まって話したり飲み会をするのは実は富士学院時代のメンバーだったりします。以前、在籍中に聞いた「縦のつながりだけではなく、一生ものの横のつながりを作れる予備校にしたい」という職員、先生方の話どおり、同じ目標に向かって切磋琢磨した仲間とのつながりは想像以上に強く、貴重な情報交換の場となっています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
様々なスタイルの予備校があり、どれも素晴らしいシステムと特色を持っていると思います。富士学院は「分からないところが分からない」状態であっても、最後まで見捨てずに後押ししてくれる学び舎です。教え方が自分に合う先生を見つけたら、その先生に追加で教えてもらう事も可能です。おなじ1年を過ごすなら、今度こそ何からも逃げずに、でも笑顔で頑張りましょう。富士学院にはその環境が揃っています。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験の苦しさ、難しさを実感しそろそろ疲れてくる頃でしょうか。自分の経験から言えることは、自分の苦手な部分をひとつでも着実に消していくこと、ただそれだけです。やるべきことがよく分からなくなったら、遠慮なく周りのスタッフや先生に聞いてみてください。同じように苦しんで頑張ってきた先輩方を見てきた全員が必ず力になってくれるはずです。富士学院にはその環境が揃っています。信じて、進んでください。