いつでも勉強できるモチベーションが現在でも保てられてるのは、富士学院の恩恵と考えております。

長岡寛和 先生 岡山大学病院

  • 出身大学帝京大学医学部
  • 出身高校土佐塾高校

OBが語る富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
現在、救急科を回っていて集中治療しつつ救急外来にも対応する日々で大変ですがやりがいを感じています。興味のある科と興味のない科と出てくると思いますが、興味のない科でも勉強および手技を学ぶことは必須です。もう学生ではなく給料も発生していますしプロフェッショナルとしての志しを忘れないことが重要です。患者さんからすれば医師は何でも知っている、何でも出来る存在だと考えているので、それに尽力するのが努めです。ただし、わからないことは素直に認め上級医の力を借りることも責務だと思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
面倒見が良くて食事も3食ついていて近隣に寮があり、とても良い環境で勉強に勤しむことが出来ました。しかし環境が良すぎたためか大学に入学し、生活リズムが崩れ進級に苦しむ富士学院OBOGが居るのも事実です。なので面倒見が良い、かつ自立性のある人間にするのが課題なのかもしれません。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
常に勉強に勤しむ習慣が大学に入学してからも継続できていたことです。土日祝日もしっかり勉強できる環境だったので、いつでも勉強できるモチベーションが現在でも保てられてるのは、富士学院の恩恵と考えております。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
偏差値的にE判定でも逆転できます。精神的に疲弊したときもスタッフがメンタルサポートしてくれます。栄養があり美味しい食事を毎日摂取できます。富士学院は充実した環境で大学受験に備えられます。見学等も可能なので気軽に見学または資料請求してみてください。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験は学力だけではありません。学力があっても自信がないと、圧に飲まれてパフォーマンスが発揮できません。なので模擬試験こそ本気で受けましょう。それを重ねると本番では、むしろリラックスして受験できます。二次試験の面接は多少自分を良く見せたりハッタリをかましても構わないと私は考えています。それくらい堂々としているほうが勝率は高いと思います。医学部は大学に入ってからも大変です。オンオフのメリハリつけて初心を忘れず、患者さんのニーズに応えられる医師像を目指そう。