富士学院生全員が医学部合格という共通の目標を持ち、切磋琢磨する環境も魅力的だと思います。

箕浦侑吾 先生 JCHO中京病院

  • 出身大学福岡大学医学部医学科
  • 出身高校南山高校

OBが語る富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
学生の間は座学が中心となりますが、臨床に出ると初めて経験する事や、新たに学ぶ事が多々あります。失敗は成功の元という言葉があるように、何事にも失敗を恐れず、チャレンジする姿勢を大切に日々を過ごしています。また、患者さんのことを第一に考え、日々患者さんの力になれる様努力しています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
何より、少人数での授業が魅力的だと思います。少人数で行うため、質問しやすい環境があり、分からないことをその都度解決できる点が良いと思います。また、富士学院生全員が医学部合格という共通の目標を持ち、切磋琢磨する環境も魅力的だと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
勉強する習慣と、学習方法です。また、分からないことを恥ずかしがらずに、分からないと言えることの大切さです。 医師という職業は、医学生になってからもそうですが、生涯学び続けていく姿勢が大切であると思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は、少人数制であり、授業中、授業前後にも質問しやすい環境が整えられています。また、受験直前のサポートを事務の方々にもしていただき、受験直前は勉強に集中出来たことを、今でも覚えています。大手の予備校を考えている方も中にはいらっしゃると思いますが、富士学院で学ぶ事で医学部合格により一歩近くづく事ができると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
大学受験は人生のターニングポイントになると思います。皆様の今までの努力が報われる事、また医学部合格を心より願っています。合格してからの大学生活はとても充実したものとなります。合格するまで大変な思いも多々あると思いますが、合格後の楽しい生活を思い描いて、日々勉学に励んで下さい。受験は長期戦なので、最初から飛ばし過ぎずに、たまには息抜きもしてくださいね。