先生方は頑張って勉強に取り組む皆さんを全力で応援して下さいますし、教務の方々も辛い時や困ったこと勉強以外のことでも親身に相談に乗ってくださいます。

加藤篤之 医師 岡山大学医学部附属病院

  • 出身大学金沢医科大学
  • 出身高校岡山高校

OBから見た富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
現在自分は初期研修1年目として、勤務しております。国試の時に勉強したことだけでは成り立たない実臨床の難しさに戸惑いながらも毎日色々なことを勉強、経験させて頂いております。新型コロナウイルスの影響も確かにありますが充実した研修ができていると思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
まず、覚悟を決めることができたと思っています。この1年で必ず合格するという思いで勉強に取り組むことが出来ました。先生達も自分の学力を元に正しい努力の仕方を教えて頂きました。また、勉強面だけではなく、生活のことでもご相談できたのはとても頼もしかったです。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
やはり勉強面と生活面は今にも生きていると思います。医学部の勉強でも勉強の仕方自体は変わらないので、受験の時あれだけ勉強できたのだから今回もできるだろうと思うことが出来ました。また朝ちゃんと起きる生活ができたのも今では大切な習慣だと感じています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院では、本気で合格に向けて勉強する皆さんを合格に導いてくれる環境が整っていると考えています。先生方は頑張って勉強に取り組む皆さんを全力で応援して下さいますし、教務の方々も辛い時や困ったこと勉強以外のことでも親身に相談に乗ってくださいます。本気になりたい方、ぜひ富士学院で1年取り組んで見てはいかがでしょうか

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医師の勤務を始めてから多くの現実目の当たりにし、上手くいかないことも多くあります。しかし、実際に患者さんから感謝を述べて下さる場面になった時始めて自分がやってきたことが正しかったと実感することが出来ました。まだまだ医学部受験はそのスタートラインであり、実感することが難しいとは思います。ですが皆さんの将来には必ず皆さんを必要とする人々がいます。皆さんの努力が、未来の誰かを救うことに繋がると私は考えております。皆さんのこれからを応援しております。頑張ってください!