富士学院での2年間がなければ今の私はなかったと思うので、こうして合格をご報告できたことが喜ばしくとても感慨深いです。

壷井友里恵 医師 愛知医科大学附属病院

  • 合格2019年(第113回医師国家試験)
  • 出身大学愛知医科大学卒業

インタビュー interview

Q1 -合格おめでとうございます!合格された時のお気持ちをお聞かせ下さい。
 この度、念願叶って国家試験に合格し、大変嬉しく思っています。私は去年卒業試験で留年してしまい、国家試験を受けるのが一年遅れてしまったので、より一層嬉しい気持ちがあります。合格後は、たくさんの会いたかった人たちに会う事ができ、充実した毎日を過ごせているので、その幸せも噛みしめています。特に富士学院の先生方には大変お世話になり、あの2年間がなければ今の私はなかったと思うので、こうして合格をご報告できたことが喜ばしくとても感慨深いです。

Q2 -医師国家試験で苦労された点などありましたらお聞かせ下さい。
 医学部に入ってからは大学入試ほど、学習環境が整っておらず、かなり自主性が大事になってきます。大学の進級試験でも同様ですが、国家試験の予備校も映像授業をみることはできますが、結局は自分の計画性や精神力、判断力が大事になってくるので、その点は(私は)苦労しました。