医師になってしまえば後は突き進むだけです。いかに一人ひとりの患者さんと向き合っていくかだと思って日々頑張っています。

諸岡有沙美 医師 済生会吹田病院

  • 合格2018年(第112回医師国家試験)
  • 出身大学大阪医科大学卒業

インタビュー interview

ー 医師国家試験に合格された時や現状について

Q1 -医師国家試験合格された時のお気持ちをお聞かせ下さい。
 純粋にうれしかったです! 勉強や模試の結果などから自信はあったのですが、たくさんライバルがいる本番の光景を目の当たりにしたとたん、合格も不合格も一発で決まるというプレッシャーを感じとても緊張しました。解っているはずの問題も解らなくなったり・・・一応自分の自己採点では大丈夫ではあったのですが、不安でした。結果を聞いて「やった!」という感じでした。

Q2 -研修先に現在の病院を選ばれた理由をお教え下さい。
 私は3つの病院を受けました。今の病院に決めた理由は、人柄や雰囲気に加えて、医局の先生方が様々な大学の出身というところです。その分、ここ独自の型にはまりすぎていないというか、様々な人がいるところがいいと思います。また、今の救急外来も研修医からファーストタッチさせてもらえ、フォローもしっかりしてもらっています。

Q3 -将来考えている診療科目は?
 入る前は内科系を考えていましたが、実際に入ってからは選択肢が広がっていて正直未定です。内科系ではあるとは思いますが。

ー 医師を志した原点、目指す医師像について

Q4 -医師を志した原点などお聞かせください。
 父が医師だったので、自然と医師を目指す流れになったというのは正直有りますが、父は開業医だった事もあり、自宅にいる際に患者さんから「いつもお世話になっています。」「先生のおかげで良くなりました。」と言われているのをよく聞いていて、素晴らしい職業だなと思いました。父の姿を見て…というのが一番のきっかけです。

Q5 -どのような医師を目指していますか?
 今後、技術・知識も備わっても患者さんは一人ひとり違うので、同じ症例だったとしてもその方の私生活や背景までみれる医者になりたいです。今はまだ知識がない分、患者さんに寄り添う事ができるので、今後も今の事を忘れる事なくしっかりと寄り添っていけるように頑張りたいです。

【後輩へのメッセージ】

 医学部に入る前は、中高6年・浪人、加えて医師になるためには6年の年月が必要なのかと思ってましたが、なってからはホントに一瞬だったなと思います。しっかりと勉強しておけば部活もできるので充実した大学生活を送る事もできると思います。勉強も遊びもしっかりとやって欲しいと思います。医師国家試験の勉強も必須ですが、実際に医師になってみるとそれだけでは全然追いつけないので、正直色々と悩んだ事もありました。でも、医師になってしまえば後は突き進むだけです。いかに一人ひとりの患者さんと向き合っていくかだと思って日々頑張っています。