富士学院が希望の光を与えてくれました

関西医科大学合格 M・Sさん

インタビュー interview

ー出身校と富士学院にいた時期を教えてください
島根の浜田高校で、富士学院には1浪目と2浪目の2年間お世話になりました。出身校は地元では進学校ですが、現役で医学部に行くような生徒は数年に出るか出ないかのレベルだと思います。

ー浪人生では何人か医学部に進学してる?
恐らく2・3人だと思います。私の代で私自身を含めて3人でした。

ー高校時代の成績は?
酷かったです。クラスでは下から2番目くらいでした。学年で6クラスある中の唯一の理数科だったんですがその成績でした。英語だけは少しできたんですが、他が全くダメでした。

ー医学部を目指そうと思ったのはいつ頃から?
しっかりと意識し始めたのは高3の夏前くらいです。開業医の父親の姿を見ていたこともありますが、きっかけは、医療の体験ができる催しに参加したことです。姉弟は下に弟・妹がおり自分は長女で、後を継ぐ事は今のところ明確には考えきれていませんが、その選択肢も踏まえて医学部を目指そうと思いました。

ー富士学院を知った時期、きっかけは?
自分で予備校探しをしている際に富士学院を見つけました。決め手となったのは2点あり、まず雰囲気がとてもよかった事です。それに加えて5カ所以上の予備校に両親と話を聞きに行った際、現役時の成績表を見せるのですが、「これは結構しんどいね…」という返答が多い中、富士学院は「これでも頑張って医学部に行った人はいる」と言ってくれたことがとても印象的でした。これなら自分も〝ついていきたい〟と思い富士学院に決めました。

ーちなみに富士学院以外に話を聞いた予備校は?
大阪・小倉・福岡と両親と共に富士学院以外にも3つの予備校をまわりました。福岡校は母と2人で建物の雰囲気を確認するために行きました。

ー厳しいところからの立ち上がりだった富士学院での1年目はどうだった?
1浪目は自分としてもすごく真面目に頑張ったと思います。同じくらいの成績の生徒ととても仲良くなることができ、互いに頑張っていましたが、実際は1浪目の授業内容で初めて知る事ばかりで…、その場その場では理解して消化できていたのですが、1年を通してとなった時に始めの頃に勉強した事を忘れてしまっていて。それでも現役時に比べれば伸びたと思いますが、力が定着していなかった事でどこにも合格することができませんでした。

ーそこから2浪目に入り関西医科大学に合格しましたが成績が伸びた実感はあった?
実は最初の1年で力がついた実感があったので、自分としては1浪目の終わりになんだかんだでどこかに受かるのではと思っていたんです。それがどこも受からなくてとても悔しかったのですが、その一番の理由は数学でした。他のみんなが受験を終えてどんどん実家に帰っていく中、自分は福岡校に残って毎日数学のマンツーマンをしてもらいました。そのおかげで、数学が少しできるようになり、次の4月(2浪目)のクラス分けテストではいい成績を出すことができました。クラス編成されたメンバーがみんな頭のいい人達ばかりでした。数学をはじめ、自分の属するクラス全てがそのようになっていて、「なにがあったんだろう」と思うくらいでしたが、学内で成績が上がっていたようでした。自分自身に実感がそこまでなかったので正直びっくりしてました。

ーその後も順調にいきました?
正直、一瞬調子に乗ってしまった時期もありました(笑)。少しサボってた時期があって…。その時に福岡大学医学部の推薦入試を受けたんですが、問題的には受かっていたのかもしれないけど、調子に乗ってしまった時期のせいか凡ミスをしてしまい、結果的に数学で点を取れなかったということがありました。それで先生方から気合いを入れ直されて、冬に頑張りました。

ー関西医科大学の他にどこに合格しましたか?
久留米大学、獨協医科大学、岩手医科大学です。実は関西医科大学を受ける予定はなかったんです。久留米大学を第一志望としてましたが、その中で関西医科大学を選んだ理由は前から憧れがあったからです。親の出身も関西医科大学という事もありますが、福岡校の近くで受験できる事がいいなと思っていました。でも入試が連続する事から、先生方を交えたチーム会議では反対されていました。「川崎医科大学に受からない事にはダメだよ」と推薦の失敗があったことからそう言われていましたが、川崎の受験にも必ず行くという約束で関西医科大学を受けさせてもらいました。結果は補欠で、正直一次試験も通るとは思ってなかった事もあり、実際に繰り上がりの確認の際には受験番号を教務の方に持ってくるよう言われ、幾度か確認のやりとりがあったくらいです(笑)。

ー富士学院での生活を振り返ってみてどこが一番良かった?
まず、どの科目の先生方もちょっとした異変に気づいてくれるところです。遅刻しがちな自分でしたが、どの先生にもそのことは注意されましたし、でもできた時はすこく褒めてくれます。クラス内での立ち位置は自分でもなんとなく分かるものがあると思いますが、クラスで良くても全体で悪い場合も先生方はちゃんと伝えてアドバイスしてくれました。良いことも悪いことも隠さず言ってくれたので、それが自信にも繋がったし励みにもなりました。

ー今、関西医科大学の1年生として富士学院で培ったものが活かされている事はある?
はい、特に生物なんですが「ここまで詳しくやるの?」と富士学院での授業では思っていたんです。それでもしっかりついて行ってたので、今大学でほとんど生物のような授業があり、おかげでテストはすごく楽です。富士学院で学んだ生物の内容が、実際に今の大学の勉強で出ています。

ー他に良かった点は?
食事です(笑)毎日食事が出るどころか、食堂がある予備校は他にないんだということを大学入ってから知り驚きました。月に一回のスペシャルメニューは、焼きたてのピザを食べれる時もあれば、中華だけのバイキング、お肉などもお洒落に盛り付けられたメニューなど毎回全然違う内容で、普段のメニューも美味しいですが本当に楽しみでした。

ー今後医学部合格を目指す人たちにメッセージ、経験上のアドバイスなどはある?
私はとても成績が悪かったんですが、ちゃんと自分のことも信じたし先生達のことも信じ続けて、勉強を続けたらちゃんと結果が出たので、信じることは大事だと思います。夢を持ち目標を立てて達成できるように努力したらちゃんと結果は出るから、その時その時は微妙で納得いかない感じでも頑張り続けて欲しいと思います。

ーちなみに高校時代の偏差値はどれくらい?
50切ってました。50乗ったら「おお、頑張ったね!」といわれる程です。化学・数学は恐らく40もなかったかもしれません。センターとか30点とか…化学では10点を切ったこともあるくらいです。そんな状態から2年間で関西医科大学に合格できたので自分自身も驚いてます。

ー関西医科大学に合格後、高校に報告は行った?
行きました。「本当に合格するとは思わなかったよ」と、先生方も驚いてました。初めは電話で連絡したんですが理解してもらえず(笑)これはまずいと思いましたが、帰省した際に高校に寄り、改めて「おめでとう!」と言ってもらえました(笑)

ーどういう医師になりたい?
みんな知識をつけることはできると思いますが、人との会話を大切にしたいと考えています。患者さんはもちろん、医者同士でも医療職同士でも会話やコミュニケーションを大切にできる医師になりたいです。