浪人中は自信がなくなり別の学部を受験することも考えましたが、先生方、教務職員の方、教室長が「医師になりたいならあきらめず目指した方がいい」と励ましてくださって、この一年をやり抜くことができました。

福岡大学医学部医学科合格 Y・Yさん

合格体験記 experiences

私は高校三年生になってから医師を目指し始めたので、他の医学部受験をする人たちよりも勉強を本格的に始めるのが遅くなってしまいました。夏休み頃から成績面での不安はもちろん、医学部入試への不安があり、医学部受験を専門としている塾を探し始めました。富士学院へ面談に来た時に、「英語が苦手」と相談したところ、「英語は医学部受験において非常に重要な科目だ」という話を聞き、すぐに対策を始めなければと思い英語の授業を開始しました。直前期に差し掛かってきたときに、全科目個別で指導をしてもらうことで受験校選定がしっかりしてもらえ、さらに受験大学ごとに対策ができるので、全科目の指導を開始しました。現役生の時は補欠で一大学を取ることができましたが、残念ながら自身の力不足で合格には届きませんでした。

その悔しさをバネに、浪人生活を始めてからは富士学院を中心とした生活を送りました。浪人生活では、これまで学校に通っていた時間が無くなる分、生活リズムの乱れや空き時間を有効利用できるか不安がありました。個別授業だと大手の予備校に比べて授業時間が短くなりますが、その分自習時間が増えるため、効率よく学習を進めることができました。また、先生方が私の苦手や課題に応じて課題を多く出してくれたので、結果として非常に密度のある時間を過ごせたと思います。また、朝から自習室が利用できたのもあり、生活リズムが崩れることもありませんでした。

浪人中は自信がなくなってしまう時もあり、別の学部を受験することも考えましたが、そんな時にも担当の先生方、教務職員の方、教室長が「医師になりたいならあきらめず目指した方がいい」と励ましてくださって、この一年をやり抜くことができました。模試では思うように結果が出ず悩むこともありましたが、そのようなときにも励ましてくれる方がいるのはとても心強かったです。これから医学部を目指すみなさんも、ぜひ応援してくれる方の声を支えに、頑張ってください。そして、コツコツと全科目しっかり勉強しておくことが大切だと思います。