最後の最後まで手厚く面倒を見てくださったことにとても感謝している。

鹿児島大学医学部医学科合格 K・K君

合格体験記 experiences

私は昨年、合格発表のあった日の午後には予備校の見学に行った。感情に捕らわれる前に行動した方が楽だった。私は熟考の上、富士学院にお世話になることを決めた。その決め手となった理由はいくつかある。高三から個人指導でお世話になっていたので、雰囲気や場所に慣れていたこと。他の予備校よりも入校日がかなり早かったので、ライバルよりも早いスタートダッシュをきれると考えたこと。そして、勉強の目的が大学合格ではなく、医師になることを校内で常に意識できることである。私は厳しい環境を覚悟して入学したが、良い意味で裏切られた。講師の先生方の勉強は大変わかりやすく、質問にはいつも丁寧に優しく対応してくださった。校舎長や教務の方は優しい声かけやフォロー、自信につながる励ましをいつもしてくださった。共に競い合う良い友人にも恵まれ、想像していたよりも毎日楽しく勉強した。順調に成績を伸ばすことができたのは、やはり富士学院の恵まれた環境のおかげだと思う。私はこの度、鹿児島大学に無事合格することができた。前期試験終了後は、合格発表までの間においても、後期試験のための小論文の添削指導をしていただいた。結果としては前期で合格できていたのだが、最後の最後まで手厚く面倒を見てくださったことにとても感謝している。
最後に校舎長、教務の方、講師の先生方、食堂の方、共に学んだクラスのみんなに感謝の気持ちを改めて伝えたい。医師になるまでの六年間やその先も、この一年間を糧に絶えず学んでいきたいと思う。