富士学院に入学して自分の中での理想の医師像をはっきり捉えることができ、どのような苦境に立たされても諦めずに、弱点を克服することに繋がったと思います。

福岡大学医学部医学科合格 Y・S君

合格体験記 experiences

現役当時、私は受験生である実感が掴めず、成績が伸び悩んでいた。その時、私の高校の先輩が富士学院で学んでいるという話を両親から聞き、私は高校3年生の春から富士学院に通うこととなった。富士学院では、先生方の丁寧な指導や、親身になって相談してくれる教務の方がいることなど、私にとって自分の中での医学部合格への意識を変えてくれるきっかけとなる環境が整っていた。しかし、私はあと一歩のところで合格には及ばず、浪人生として再び富士学院に入ることとなった。

ゼミ生として受験に向けて再出発した私は、初期の頃は授業に対して集中して取り組み、現役時代と比べて成績も上がっていた。しかし私には、休憩時間中に自習学習よりタブレットでインターネットを使用することを優先するという癖があり、このことは後に自分の成績が再び伸び悩む主な原因となっていた。そして私は、先生方と話し合い、昼食・夜食以外はタブレットを預け、自習時間中に勉強に集中できる環境を整えることができ、今までより勉強に時間を割くことができ、成績も再び上がり始めた。また、受験一ヶ月前には、実家にタブレットを預け、インターネット断ちをすることで自分の欲を抑え、受験体制をより強固なものにすることができた。

私は、富士学院に入学するまではどうしても医師になりたいと思っていたわけではなく、ただ周りに流されて漠然と医師を目指していた。しかし入学後は、周りの生徒の熱量や先生方の助言をきっかけに、自分の中での理想の医師像をはっきり捉えることができ、医学部に入る気持ちが一層強くなったことで、どのような苦境に立たされても諦めずに、自分の弱点を克服することに繋がったと思っている。

最後ではあるが、これから厳しい医学部受験を乗り越えようと奮闘する生徒には、乗り越えることが困難な壁もあると思うが、そこを諦めずに乗り越えて欲しいと私は思う。