英文はさっぱり読めない、数学はミスのオンパレード、そんな散々な状況でしたが、先生方は冷静に私を分析し、何が出来ていないのか、何をすべきなのか、細かく指示して下さいました。

大阪医科薬科大学合格 Y・Kさん

合格体験記 experiences

私は幼い頃から医師になりたいと思っていました。高校で進路の話が多くなってきた頃からより真剣に勉強に取り組むようになりましたが、医学部に届くような成績では全くありませんでした。共通テストの数日後に初めて富士学院に来て、富士学院のアットホームな雰囲気や手厚いサポート、少人数の集団授業が自分に合っていると感じ、すぐに入塾を決めました。私のような成績の人でも頑張れば医学部に合格できるのか、最初はそんな不安ばかり抱えていましたが、同じような不安を抱えながらも頑張る仲間たちに囲まれ、私も頑張ることができました。
私は主要科目である英語・数学が特に苦手でした。英文はさっぱり読めない、数学はミスのオンパレード、そんな散々な状況でしたが、先生方は冷静に私を分析し、何が出来ていないのか、何をすべきなのか、細かく指示して下さいました。また、些細な質問にも丁寧に対応して下さったおかげで、疑問が解消されていき、とても楽しく学習することが出来ました。英語に関して言うと、最後の模試まで成績の伸びを実感できず疑心暗鬼になることもありましたが、先生方・教務の方々の励ましの言葉に支えられ、最後までやり抜くことができました。その結果、入試直前期になって初めて、「できるかも」という感覚を持てるようになり、本番では得点源にすることができました。

私は、本当に恵まれた環境で充実した一年間を送ることができたと感じています。富士学院には、真剣に生徒と向き合って下さる先生方、なんでも話を聞いて支えて下さる教務の方々、そして不安な時はその気持ちを分かち合い、励まし合える友達がたくさんいます。毎日、食堂で美味しいご飯を食べることも楽しみの一つでした。たくさん悩み、辛い時もありましたが、そんな富士学院だったからこそ、浪人してよかったと思える一年間を過ごすことができたと思います。

最後に、最後まで私を支えて下さった先生方、教務の方々、友人、そして家族にお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。