私は富士学院でなければ医学部に合格することができなかったと思います。この一年間、たくさんの方々に支えられてきました。

埼玉医科大学合格 W・Yさん

合格体験記 experiences

今振り返ってみると、昨年の私は高校の担任の先生に浪人はせずに他学部への進学を勧められてしまうほど医学部合格からかけ離れた学力でした。そして、受験した大学の一次試験がすべて不合格だったことを知った日を機に幼い頃から、ずっと抱いていた医師になる夢への絶望感があり、誰にも心を開く事ができない状況でした。

そのような中、父が探してくれた富士学院に入学をすることに決めました。春期講習の時に、英語の先生に勧められて、志望校への熱意を書いた紙をいつも目につく場所に貼りました。そのおかげで、絶望感に苛まれていた私でしたが、前向きになることができました。また、医学部は高望みではないかと何度も挫けそうになりましたが、初心に戻って最後まで諦めずに頑張ることができました。

富士学院は少人数制の授業だったため、先生との距離が近く、質問に行きやすい環境で、自分では採点の難しい英作文や生物の記述などの添削をしていただきました。勉強面だけでなく、面接や小論文の手厚いサポートがあり、医師になってからの心構えを身に付けることができました。教務の方は、小さな悩みの解決策を一緒に考えてくれたり、どんな時も私の味方でいてくれました。学院内の食堂では、毎日おいしい食事を作ってくださり、勉強の励みになりました。それから、同じ目標をもった仲間が周りにいたことで、今まで自主学習をする習慣のなかった私が負けずに頑張ろうと思うことができました。

私は富士学院でなければ医学部に合格することができなかったと思います。この一年間、たくさんの方々に支えられてきました。先生方、教務の方々、最後まで信じてくれた家族、友人には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも富士学院で学んだことを活かして、良医になるために努力を続けていきたいと思います。ありがとうございました。