生徒を医師にすることを第一に考えて、対応・指導してもらえるのが、富士学院の魅力の一つだと思います。

兵庫医科大学合格 I・M君

合格体験記 experiences

私が受験勉強をしていたときに意識していたことを、3つあげます。最後に大事なことを書いてますので、最後まで読んでください。
1. 「睡眠時間を削らない!」
わたしは中学受験の時から、睡眠時間は取ってきました。睡眠時間を削って良いことなんてひとつもありませんでした。夜ふかし・徹夜をして得られるのは、全く頭に入ってないのに得られる謎の満足感・達成感と、ポアポアして何も考えられない頭でした。睡眠時間を削ってでも、一日10時間とかの勉強時間を確保しようとしているそこの君、今すぐその考えを捨てなさい。そんなに勉強しなくても、質と量を見極めて(わからなければ富士学院の先生に聞きましょう。教えてくれます)、富士学院と学校の授業の予習復習をして、学校の授業を疎かにしなければ、医学部に合格できます。受験生は身体が資本ですから、無理は禁物です。

2. 「毎日、一定のリズムで生活すること」
起きる時間を学校がある日と日曜日で分けたり、長期休暇だからといって9:00に起きるなどしたりすることは、してませんでした。富士学院は朝から開けてくれている数少ない予備校なので、そこを有効活用しましょう。この時間なら、電車も混んでおらず、ゆっくり座って行くことができます。通学のストレスはその日の勉強に、良くも悪くも影響します。

3. 「勉強ばかりせずに、ストレスの緩和・軽減になることを見つける」
何でも良いです。YouTubeでも、スマホゲームでも、音楽でも、マンガでも、ラノベでも。自分が好きなものにしましょう。また、無理に作る必要もありません。そんなの私にはいらないと思ってるなら、作らなくてもOKです。遅かれ早かれ、その必要性に気づきます。気づいたときに作ってください。ここで重要になるのが、メリハリをつけることです。わたしにも、メリハリをつけられないときがありました。今つけられていなくても、次からつけられるように、意識を持ち直すことが大切です。人間は楽なことをしたいんです。受験勉強は決して楽ではないです。ましてや医学部受験ですから。なので、自分はイケナイ子だなんて思わないようにしましょう。人間だもの。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
こんなんでも医学部行けるんや!と思ったそこのあなた、ご名答です!わたしもそう思ってます。
最後に、わたしが一番伝えたいこと言いますね。「「睡眠時間を削るな!」」

私が現役生として富士学院に通う中で、一番感じたのは、当たり前の事が当たり前に行われていることです。例えば、相談したいことがあれば、些細なことでも応じてくれる。授業に関する要望を伝えると、的確に対応してくれる。担当の先生に成績を見せて相談すると、どこを伸ばしたり、どう補強したらいいのかを一緒に考えてくれる。自分の傾向にあった受験大学を、スケジュールと合わせて提案してくれる。「あれもこれも受けた方がいい」といったことを言わず、自分が伝えたとおりに対応してくれる。自分が勉強する上で大事にしてることを尊重してくれる。このように、生徒を医師にすることを第一に考えて、対応・指導してもらえるのが、魅力の一つだと思います。