この一年間で自分の支えとなったのは、先生方や家族だけでなく医学部を志す学院生の友人の存在でした。

川崎医科大学合格 A・Y君

合格体験記 experiences

私は現役のときから、推薦入試の面接指導等で富士学院にお世話になっていました。一浪時は大手予備校で寮生活を送り、学習面だけでなく生活面や精神面を向上させました。しかし、現役時に高校で下位であった私が一年で医学部に合格することは出来ませんでした。また、この結果は自信の成績の伸びから、医学部に合格できるだろうという慢心が招いたものであると今になって感じます。そして、二浪するにあたって、「君なら来年は必ず医学部に合格できる」と言って下さった富士学院の先生方を信じ、私は一浪時の反省を踏まえて来年は必ず医学部に合格すると心に決め富士学院に入学しました。

3月に入学した私は主に数理の苦手分野の克服に向けて、先生から与えられた課題と自分の参考書を使って学習しました。理解できない問題に対しては、しっかりと考えから質問をするように心懸けました。その中で、特に数学において基礎が出来てない分野が見つかり、私の学習姿勢の甘さを実感しました。

富士学院の先生方はたいへん生徒思いであり、何でも相談にのってくれる等の優しい面も多くある一方で、時には厳しい言葉を言うこともありました。私は自信の学習姿勢を指摘され、それを改める契機になりました。それからは私はどんな問題に対しても積極的に取り組み、間違えた問題に対してはできる最大限まで参考書等で確認することを心懸けるようにしました。この学習を私立の一般試験が始まるまで継続した結果、二校の補欠(記入時は合格してない)と一校の正規合格を果たせました。この一年間で自分の支えとなったのは、先生方や家族だけでなく医学部を志す学院生の友人の存在でした。一日の多くを共有し、自信の趣味や中高生時の話、現在の苦悩などを話すことで、学習のモチベーションを保ちながら努力できたと考えています。

これから医学部を目指す人は学習面では基礎を大事にして欲しいです。それは基礎が出来ないと応用が出来ないのはもちろん、特に私立において基礎的な問題のミスは致命的であると考えるからです。私としては英単語と英熟語の暗記を隙間時間を活用することをおすすめします。そして生活面においては生活リズムを整えて欲しいです。寝不足は授業時に頭がぼやけたり、ケアレスミスが生じるなど、学習面に支障をきたすと身をもって感じました。そして医学部合格に向けて、最後まで自分を信じて頑張ってください。

最後に、最後まで支えて下さった先生方、教務の方々にはたいへん感謝しています。本当にありがとうございました!