納得できずに他学部へ進んでしまうと、切り替えることは難しいです。だから私も薬学部を退学しての再受験を決心しました。

岩手医科大学合格 R・F君

合格体験記 experiences

在籍していた薬学部を退学して医学部を再び目指そうと思い、来年度へ向けて当時から苦手だった数学を基礎から教えてもらいたいと色々調べた際、個人指導を行っている富士学院を見つけました。連絡させていただいた際に、全くの赤の他人である私が話した身の上話すらも親身に聞いて下さったことを今でも覚えています。それが印象に強く残り、個人指導をお願いしました。
富士学院の指導は、どこができていて、どこができていないのかを明確にしてくださる授業内容でした。私は苦手な数学、特に数Ⅲを中心に指導をお願いしたのですが、意外とⅠAⅡBの範囲でも理解できていない箇所が多かったことに気づかされ、つまずく度に引き返しては1から教えて下さいました。基礎が所々抜けてしまっていた私には最高の環境でした。合格できた最大の要因は、短期間ではありますが集中的に個人指導して下さったことも大きいですが、それと同じくらい、校舎長や教務の方々、講師の先生方が毎日声をかけてくださったことが精神的な支えになっていたからだと思います。時に励まして下さり、時に悩みを聞いてくださりと、年齢的にも焦る私にとって、ここの環境は非常にありがたいものでした。
これから医学部を目指す生徒のみなさんは、その動機が昨日今日の浅いものでない限り、自分が納得するまで挑戦させてもらうべきです。仕方なかったとは言え、2浪目に挑戦せずに薬学部へ行ったこと、初めから富士学院にしなかったことを私は今でも後悔しています。納得できずに他学部へ進んでしまうと、切り替えることは難しいです。だから私も再受験を決心しました。
頑張れば必ず報われるという世界ではないかもしれませんが、「これでダメなら縁がなかったんだ」と割り切れるまでやってみてください。どの大学に決まろうと、きっと前を向けるはずです。