富士学院の浪人生活で辛いと思ったことは1度もありませんでした。

金沢医科大学合格 K・Kさん

合格体験記 experiences

私は勉強の仕方もわからず、レベルの高い授業を受け続け何も身に付かないまま高校3年間が終わり、当たり前のように浪人生になりました。
富士学院に入学する際に決意したことは、「絶対に二浪しないで進む道を見つける」こと、そして「勉強の仕方を身につける」ことでした。
実際に入学してみて感じたことは、先生方や教務の方々が本当に優しく、距離がすごく近い!また、いつでも質問できて分かるまで教えてくれる先生と、なんでも話せて元気付けてくれる教務の方がいたので、浪人生活で辛いと思ったことは1度もありませんでした。
合格できた要因は、「得意教科を早い段階で作れたこと」。「他学部であっても次に進める道を作っておいて無駄な焦りをなくして受験できたこと」。「前期で正規でなくても補欠をいくつか持てたこと」。「周りが合格していく中でも毎日学院に行って勉強して、休憩時間に友達や先生と話せたこと」。「自分に合った受験方法で受験できたこと」だと思います。

この一年を振り返って、私がもう一度初めからこの一年を送るとしても同じことをすると思ったことを二つ挙げます。一つは「なるべく早く得意科目を作る」こと。浪人生活は初めは長いように思えてもあっという間に過ぎていきます。初め、私は自分に合った勉強の仕方がよく分からなかったので、高校卒業してから学院に入学するまでの期間で勉強方法のわかりやすい英検合格を目標にしました。早いうちに準一級を取ったことは大きな自信になりましたし、あとの時間を苦手な教科に当てる余裕ができました。もう一つは全員に当てはまるわけではありませんが、「医学以外にも興味を持つ」こと。医学部受験で私は後期試験まで合格をもらえませんでした。周りは合格して自習室が綺麗になっていくのを見ると不安になると思います。不安な気持ちは友達と話して解消するのも一つの手ですが、実際に医学部以外の行きたいと思える進路を持っていたことは大きな安心になりました。一つの道に向かってひたすら頑張ることはある程度学力や根性のある人の為せる技だと思います。他の道を見つけたからといって勉強は疎かにならず、むしろ私はストレスなく最後まで勉強し続けられ、後期試験でも力を発揮することができました。医学以外でも自分の好きなことや興味を持てること、自分が医師になりたい理由から近い職業を日常生活の上で見つけておくことは、受験や医学部に入ってからも役に立つと思っています。