薬学部を退学し、必ず1年間で合格する決意をし、富士学院で合格することができました。

川崎医科大学合格 Y・T君

合格体験記 experiences

私は高校在学中から医学部に入ろうとは考えておらず、大学1年は薬学部に入学・在籍していました。
しかし1年間通ううちにだんだんと医師になりたいという気持ちが芽生えてきました。
そこで決心をして退学し、医学部受験に向けて動き出し、富士学院と出会いました。
富士学院を選んだ理由は、自宅からの距離が近く、通いやすいことから、自宅での勉強でも効率よく出来るのではないかと考えたからです。また安心して勉学に専念できる環境もとても魅力的でした。
医師になりたいと志して、もともと通っていた薬学部を退学したので、その期間を無駄にしないためにも、この1年で必ず合格することを自分の中で固く決意して入学しました。
  
合格できた理由の一つは、4月の開講前から個人指導を受けることが出来るシステムです。このシステムを利用し、より早い段階から次年度の医学部受験に向けて準備できたことが一番大きな要因だと思います。
また、富士学院は全体的にアットホームな雰囲気で、学則が最低限のものしかなく、割と自由に過ごせることが他と大きく違うところだと感じました。講師や職員の方々が、生徒を信頼しているからこその対応なのだと思い、居心地が良かったです。
その中でも富士学院の授業体制は、クラス授業で8名以下の少人数制なので、そこまで周りに気を使いすぎることなく先生に質問しやすい環境でした。これは医学部合格までの道のりの一端を担っていたと思います。
各教科の先生方も、一人ひとりがとても丁寧に指導してくださり、その内容も大変わかりやすくて充実した時間を送ることが出来ました。
不安要素があれば夜でも質問をしに行って理解を深めることが出来るし、また大学ごとの特徴や問題の傾向なども細かく教えてくだいました。
これから受験する方へ。くじけないように自分なりのモチベーションを保つことが大事だと思います。
間と共に叱咤激励しながら自分自身を高めていくことが、医学部・医学科を受験する上で非常に重要なカギになるはずです。そのことを常に意識し、途中で諦めてしまうことが決して無いように、願いは叶うと自分を信じて最後まで頑張ってください。