高校でどんな成績であっても、周りにどう言われようとも、自分と富士学院を信じて勉強し、努力してください。

関西医科大学合格 S・S君

合格体験記 experiences

富士学院で学んだこの一年間は、振り返ってみると短いように感じますがとても密度が濃い一年でした。私は一浪目、二浪目と別の予備校で学習しており、二浪目の受験終わりの時期には補欠の繰上がりを待ちながら、富士学院岡山校の自習室で勉強していました。今ではその数日間が懐かしく感じますが、とても仲の良かった友人達が医学部合格をどんどん果たしていく中で感じていた焦りは、今思い出しても鳥肌が立つ思いです。結局補欠が回って来ずに三浪目が始まった時には、なんで自分が落ちてしまったのか分からず、どこにも向けようがない怒りの矛先は結局自分に向いてまた落ち込むという悪循環に陥りました。
しかし、富士学院に入学する際には、いつまでもそんなことを考えていても前には進めないんだと気持ちを切り替え、淡々と機械のように勉強していこうと固く決意したのを覚えています。
そして富士学院に入学し、他とは違うスタイルで授業を受け、様々な経験をしたことが、私が合格できた一つの要因だと思います。例えば、物理の定義を叩き込むような授業を初めて受けられたことや、化学の知識をとても深いところまで学べたこと等です。そして何より先生と生徒の距離の近さが合格を掴んだ決め手だったと思います。私の場合は特にですが、先生との距離の近さは不可欠なものでした。基本的に受験は長く険しい道なのは身をもって感じていましたし、自分はメンタルが弱い方なので、一年間とても近いところで沢山の先生に目をかけてもらえたことは、とてもありがたく本当に助かりました。また、家族の存在にも支えられました。厳しい現実の中、何年かけても医学部に受かりたいという思いを汲み取ってくれた両親への感謝の気持ちは計り知れないものがあります。
最後に、医学部合格を目指すにあたって最終は自分との戦いになりますが、入試本番でどれだけ実力を出せるかは、それまでにどれだけの努力をしてきたかにかかっています。その努力は自分一人では到底成しえなかったと思います。家族の存在があり、富士学院の存在があったからこそ合格を掴み取ることが出来ました。
これから医学部合格を目指す人へ伝えたいことは、高校でどんな成績であっても、周りにどう言われようとも、自分と富士学院を信じて勉強し、努力してください。入試本番で実力を最大限に出せるように、また自分を律し続けて医学部合格を果たせるように願っています。