富士学院では、講師や教務と生徒との距離が近く、なんでも腹を割って話せました。

金沢医科大学合格 J・Kさん

合格体験記 experiences

富士学院での一年間を振り返って、決して楽ではなかった浪人生活でしたが、浪人して良かった、そして、講師や教務、両親を始め支えてくださった多くの方々にただただ感謝という気持ちでいっぱいです。私は富士学院に入塾する前、三年間大手予備校に通っていました。その三年間は、春に抱いた医者になりたいという強い気持ちが、徐々に薄れていきセンターが終わってからは、家でだらだら勉強して、当たり前のように不合格をもらうということを繰り返していました。昨年の春、友人から富士学院の紹介を受け、環境を変えて勉強するのもありだなと思い入塾しました。入塾する際、気持ちが薄れようと最後の最後まで医学部合格を諦めないこと、センターが終わった後も自習室に毎日行くことを決意しました。富士学院では、講師や教務と生徒との距離が近く、なんでも腹を割って話せました。また、授業で得られることも多くあり、授業を受けるのが楽しかったです。合格できた最大の要因は、昨年の春、自分自身で、医学部にこの一年で合格する、最後の最後まで諦めないと決意したことだと思います。浪人生活中に、自分が医師になりたいと思えない時期が一番苦しい時期でした。医師になりたいという気持ちなしに、何を支えにやればいいのかわからず、自分が信じられなくなり、スマホに逃げて、後悔するという悪循環に陥ったこともありました。この時大きな支えとなったのは、自分で先ほど述べたことを決意した事実です。浪人中、自分の気持ちが揺らごうとも、過去の自分の決意は、揺らぐことのない確固たる事実です。この動かないものを持っていたのが、大きな支えとなりました。

【富士学院を考えているあなたへ】
受験は、当たり前ですが、人任せでは合格出来ません。自分の意思で、医学部を目指し、この一年で合格するんだと決意すること。決意したなら、迷っていても仕方ありません。ひたすら、その目標に向かって前進するのみです。それを支えてくれる環境は、一人一人を気にかけてくれ、それぞれに合った課題を出してくださる講師、幅広い相談に乗って下さる教務、美味しい食事を作ってくださる食堂の方々など、充分すぎるくらい整っています。来年の春、笑顔になっている自分を想像して、周りに感謝して、ひたすら勉強しましょう!改めて一年間お世話になりました!本当にありがとうございました!