普通の予備校ではありえないほど面倒見が良い富士学院の環境が、私を医学部合格に導いてくれたのだと確信しています。

国際医療福祉大学医学部合格 R・K君

合格体験記 experiences

私の高校は大学の附属高校だったため、ほとんどの生徒がそのまま大学にもち上がるということに加え、自身が現役時代は文系だったということもあり、医学部合格への道は中々厳しいものでした。一浪目は宅浪で、どのような参考書を使えばいいのか、どのように勉強を進めていけばいいのかと悩む時間も多く、地方の医学部の補欠合格にとどまってしまいました。そして二浪目が決まったとき、もう一年宅浪を続けようかそれともどこかの予備校に通おうかと悩んでいるときに富士学院をネットでたまたま見つけました。入塾するかは決めていませんでしたが、次の日さっそく説明を聞きに富士学院に行ってみることにしました。そして実際に来てみて思ったことは先生たちがとても熱くて、生徒が合格するために必要なものを備えてくれているということでした。私はその日に入塾をきめ富士学院で一年頑張ることを決心しました。富士学院で勉強を始めてみると最初の説明で聞いていたよりも充実度が高いことに驚きました。毎日どの先生も丁寧に質問に答えてくれて、普通の予備校ではありえないほど面倒見が良いと感じました。この環境が私を医学部合格に導いてくれたのだと確信しています。
ここからは受験勉強についての話をしたいと思います。受験勉強で大切なことはできるだけ多くの赤本の問題にふれ、毎日コンスタントに勉強を続けるということです。赤本は受ける大学だけではなく、受けない大学の問題も解いてみるのが良いと思います。私は富士学院にある赤本の数学の問題は解ききったと思います。ただし、自分の受ける大学と傾向が明らかに異なるようなものは解く必要はないと思います。今年医学部受験をする方達は毎日こつこつと勉強を続けて頑張ってください!