今まで富士学院で先生方や友達と共有した時間全てが私の合格、そして人生に必要不可欠なものであったと思っています。

川崎医科大学合格 M・Yさん

合格体験記 experiences

私は決して効率が良い方でもなく、理解が早い方でもありません。だからこそ「地道な努力は裏切らない」、そう信じて中高と勉強してきました。そのおかげか評定平均も5でした。しかし、いざ受験勉強となると手が出ずその答えを求めて富士学院に来ました。

すぐに答えは分かりましたし、改めて医学部合格に必要なレベルを思い知りました。しかし、最初は自分の勉強法をほとんど変えることなく、ずるずると進んでしまいました。自分なりにやってきた方法を変えるには勇気がいります。さらなる努力も必要です。しかし、状況を変えたくてとにかく素直に先生方のアドバイスを実行することにしました。最初からそうしていればこんなに時間がかからなかったかもしれません。

また私に本当に泣き虫でした。恥ずかしい話ですが岡山校の職員の方ほとんどに泣き顔を見られたと思います。私は自己肯定感が低い故にテストの結果に影響され、成績が上がっても下がっても不安ばかりが募っていました。その度に先生や教務の方々に相談に乗って頂き、出来るだけ不安を解消しました。また友達と鼓舞するメッセ-ジを送り合いました。今まで富士学院で先生方や友達と共有した時間全てが私の合格、そして人生に必要不可欠なものであったと思っています。

努力すればたとえ時間がかかっても報われる日がきます。その日が来るまで踏ん張り続けるしかありません。浪人は自分との戦いです。しかし、1人ではありません。富士学院には同じ目標に向かって頑張る仲間がいて、話を聞いて下さる教務の方がいて、合格を信じて下さる先生方がいらっしゃいます。私は両親に二浪までと言われており、だからこそ平成最後の年は合格して終えると決めていました。しかし、心は何度も折れそうになりました。それでも続けられたのは1人ではなかったからです。今、合格を目指して本気で努力している皆さんに幸せな日が訪れることを切に願っています。

最後に、昔から描いていた夢の第一歩を踏み出して卒院できることを本当に嬉しく思っています。富士学院の職員の皆様、本当にありがとうございました。