富士学院の仲間や先生方の励ましのおかげで最後まで学習に向かえました。

久留米大学医学部医学科合格 K・T君

合格体験記 experiences

昨年度の入試が終わり、すべてダメだった私はすぐに予備校に行き次年度の受験に向けて学習することを決めた。2つの医進系予備校で迷ったが、最終的に富士学院に決めたのは各大学医学部の情報が豊富にあるのはもちろんのことだが、医者という職業の情報も多く、丁寧な説明をされたからだ。
2月に入学を決め、プレ春期講習から受講を始めた。プレ春期講習ではその年の受験の振り返りが主に行われ、自分が足りなかった点を早期に洗い出すことが出来た。
また、3月にある春期講習では基本事項の確認をして4月からの開校に向けてとても良いリズムを作ることが出来た。
私は偏頭痛もちで浪人している間も度々悩まされたが、富士学院の仲間や先生方の励ましのおかげで何とか気持ちが折れることなく最後まで学習に向かえたことはとても感謝している。
これから医学部を目指して浪人を始める方には、一呼吸置くのではなく、学習し続けることをおすすめする。私は2月から早めに次年度の受験に向けた学習を始められたので、4月に本格的に浪人生活がスタートしたころには周りの生徒より大きくリード出来ていたと感じていた。それが今年度の合格に繋がったと思う。