富士学院で学んだ事を息子は誇りに思っています。本当にありがとうございました。富士学院万歳!

M・K様(お母様) 帝京大学医学部医学科一般入試合格(富士ゼミ生)

  • 合格大学2018年度帝京大学医学部医学科 

メッセージ message

「とにかく一度連れてきて下さい。」
他の予備校に通い、全く手応えなく1浪目が終わろうとしているある日、友人から強く勧められ富士学院に初めて行った日のY先生からの言葉でした。
いやがる息子を無理矢理連れて行き、以後息子の担任となるM先生との面談15分。終了後の息子のひと言は「ここでやってみる!」でした。
息子は中高と勉強せずに来たため、受験のスタートラインに立つまでに相当時間がかかったと思います。物理・化学選択から生物・化学に変更し、大丈夫かと心配しつつも親はひたすら見守り続けました。浪人2年目の結果は3校の1次合格を頂きましたが、入学には届かず、3年目の浪人生活に突入しました。この時も親子共に先生方を信じてついて行こうとと言う気持ちは全く変わりませんでした。生徒と先生が同じ方向に向かって進み、悩み、努力していることは、毎月送られてくる教科ごとの成績報告にある先生のコメントを見るとよく分かり、いつも胸を熱くしながら拝読していました。今年は、合格するつもりで受験シーズンを迎えたため、正直一次合格の通知がなかなか来ない時はハラハラしましたが、帝京大学の一次合格をいただき、二次の発表を息子と共にパソコンで確認、合格の文字を見たときは飛び上がって喜び、本当に感動的でした。

2年間お世話になった富士学院ですが、息子とは恩師と呼べる先生方に出会えて良かったと話しています。英語を教えて下さったY先生、先生が個別指導で医学的な英語を教えてくださらなかったら合格はなかったと息子は言っていました。化学を教えて下さったM先生、息子を理解して下さって心から感謝しています。数学・物理のM先生、先生との出会いが息子を変えたと言っても過言ではありません。もう一人の教務のKさん、息子の誕生日に花ちらし寿司を作って下さいました。誕生日を一緒に祝えなかった親としてはどんなにうれしかったことか・・。教務担当のKさん、生徒の憎まれ役をかっていたのではないでしょうか、心からお礼申し上げます。そしてY先生、たくさんの子供達の人生を抱え毎日本当に大変だと思います。親子ともども本当に助けられました。富士学院で学んだ事を息子は誇りに思っています。本当にありがとうございました。
富士学院万歳!