時間が経つにつれ、富士学院の献身的なサポートに私自身も気づき、 感謝しながら勉強を進めていくようになりました。

M・Yさん 近畿大学医学部医学科4年

メッセージ message

僕は大手の予備校からうつってきたので少人数制の医学部専門予備校に対するイメージはあまりよくありませんでした。しかし自分自身が頑張れさえすれば、と思い勉強を始めたのを覚えています。時間が経つにつれ、先生や職員の方の献身的なサポートに私自身も気づき、感謝しながら勉強を進めていくようになりました。
富士学院の先生や職員の方々は丁度いい距離感で接してくださったように記憶しています。ひっつきすぎても鬱陶しく感じるし、放任にされても油断して勉強しない。その塩梅が絶妙で、私の手綱をうまく引いてくださっていたのかな、と今になって思います。

富士学院の授業は少人数制のため、ひとりひとりにあったオーダーメイドな授業だったと思います。先生方は、私がそれまでの浪人で培ってきた土台を評価してくださり、私の勉強方法や解法などにあまり手を加えず、私に任せてくださいました。もしアレコレ指導されていればここまで成績は伸びなかったと思います。その中でも私の弱点に関してはきっちり指導を施して下さいました。私も富士学院で、弱点に向き合いたい、逃げたくないという思いがあったので、聞く耳をもち謙虚な姿勢をとれたことも成功の一因だったと思います。

私は今までの浪人生活で、講師は使い用だ!と色んな講師の方に言われてきました。今まではなかなかそれを実践することが出来なかったのですが、富士学院は生徒との距離感も近いですし、どんな些細なことでも聞いたって大丈夫という気持ちになれるので、どんどん先生に質問して、悔いのない1年にしていただきたいと思います。色んな人が集まるのが予備校ですが、目標を掲げそこをブラさなければ必ず成果が得られるものと思います。