富士学院では授業を受けるたびに解ける問題がどんどん増えていくのが実感でき、私自身とても自信が付きました。

福岡大学医学部医学科合格 T・I君

合格体験記 experiences

「チャンスは5回」高校3年生の5月、私はこの計画を父と立てた。5回というのは、福岡大学の附属校推薦入試・私立大学の一般入試・国立大学の推薦・前期・後期入試のことである。医学部現役合格を目指していたので、この5回の内、1回も無駄にしないようにしようと決心した。日程的に最初に受験することになる福岡大学の附属校推薦入試の対策として7月に初めて富士学院の門を叩いた。

私が富士学院にお世話になったのは、2回のテスト対策講座と面接対策講座、10月から入試当日までの2ヶ月間だけであったが、授業の内容は、とても濃いものであった。特に10月の入校から11月の試験までの2ヶ月間は、数学のプリントを150回分、英語の過去問20年分を完璧にするために、数学においては1日3回分を日課にした。

毎週1回の授業では、その1週間で解いた問題全てを丁寧に見直し、更により深い理解を得るためのご指導をいただいた。そのお陰で授業を受けるたびに解ける問題がどんどん増えていくのが実感でき、私自身とても自信が付いた。

数学を担当して下さったK先生はもちろん、普段の気遣いや面接対策をして下さったZ先生、英語の指導や積極的な声かけをして下さったS先生、試験当日に解答速報を作って下さった先生方、その他私を応援して下さった先生方、そして富士学院で一緒に学んできた仲間に心より感謝いたします。
短い期間でしたが本当にありがとうございました。